Back to Candle

【灯明】蝋燭四灯(一式)

¥500

叡智の光を得る、人生の道しるべを得る、見えない危険を回避する

仏陀の智慧を得る原因になる

商品コード: candle01 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

修法に使用する四灯一座分の蝋燭です。

真言密教独特の瞑想修行である「修法(しゅほう)」を行じる際に、大壇(だいだん)の四隅に灯す明かりを「四灯(しとう)」と呼びます。

 

左右2灯ずつ「前供養」「後供養」に分かれており、それぞれ作法の中で神仏に供されます。

 

大壇と燭台のサイズ、燃焼時間の問題で、スーパーなどにある家庭用のものでは小さすぎるので、寺院用の大きなものを使います。

寳幢寺では基本的に30号というサイズを使います。(燃焼時間約12時間)

品質とコストから、現在は京都の「財木屋 明王ローソク 30号 4本入り(¥490)」を使っています。

他所で同等品をお求めになって直接お持ち頂いても結構です。

 

灯明を供養することの功徳は

叡智の光を得る、人生の道しるべを得る、見えない危険を回避する、等

また、経典は仏陀の叡智を「光」に喩えているために、灯明の布施は叡智を得ていく原因になるとされています。