松波龍源
寳幢寺住職  

真言律宗僧
寳幢寺住職/陳氏太極拳第二十一世代正統伝承者/商派太祖神拳第六代正統伝承者/寳幢寺瞑想メソッド創始者
1978年生まれ。父方は能登七尾市の出身、母方は九州天草の出身。現在は京都市在住。

学生時代に武道と仏教に出会い、生涯の道とすることを決意。武術の境涯を深めようと単身中国北京に渡り、五年間の武術修行を行う。
帰国後縁を得て仏門に入り、真言律宗総本山西大寺にて四度加行、伝法灌頂を受法。

様々な伝統的伝授を受けると同時に日本仏教のみに囚われず、ミャンマーやチベットなどの高僧に師事、さらに山岳修行、霊地巡礼などの修行を積み21世紀の日本、世界にフィットした仏教修行のあり方を模索し続けている。

釈尊が、あるいは弘法大師が志していた仏教のあり方を追い求め、儀礼化・習俗化した仏教ではなく、人間を覚醒させる生々しい修行としての仏教を探求する。

弘法大師に想いを馳せ、今の日本に無理のない瞑想法を追求する中で、独自の理論に基づき「寳幢メソッド」を提唱する。
日本国内よりむしろミャンマーや台湾、米国、等海外で評価が高い。

近年は医師や看護師、介護福祉士、理学療法士など、医療関係者から注目を集めており、認知症や生活習慣病などに対する瞑想の効果の実証実験を、病院や大学等と連携して進めている。