弟子募集

 

寳幢寺では、出家在家を問わず、広く弟子を募集しています。

本来寺院は世襲されるものではありません。自ら願って、仏陀の遺された道を行こうという者がいる場所が「寺院」であると考えます。

日本以外の仏教国では「お寺に生まれたから」という理由で僧侶である人はまずいません。

また「仏教の正統な修行がしたい」と思い立っても、それができる場所がないというのも日本だけでしょう。

寳幢寺は、仏教に興味がある方に広く門戸を開放します。

 

出家者になって、僧侶として仏道を歩みたい。

在家のまま、在家修行者となって仏陀の教えを実践したい。

 

状況に合わせて、柔軟に、様々なニーズに応えていきます。

 

3つの方法

 

寳幢寺では、本格的な「修行者」として、3つのあり方を提案しています。

 

・在家修行者

在家修行者は、「在家」つまりこれまで通り、通常の社会生活を営みながら、きちんとした「在家修行者」としての戒律を受け、修行方法を授かって、単なる「仏教徒」というだけではなく、明確な仏教の実践者として生きていこうというものです。

仕事や家庭があるので、出家はできないけれど、きちんと修行をして、仏教の実践者でいたい。と言う方に向いています。

 

・出家(短期)

タイやミャンマーなどでよく見られる「短期出家」です。

期間が終われば在家社会へと戻っていくのを前提に、一時的に出家者となって修行します。

一時的といっても、出家者として生活しますので、剃髪、法衣の着用は絶対条件です。原則お寺に住み込みになりますので、仕事をしながら、家庭を持ちながらは不可能です。あくまで「一時的に」ですが「出家」です。

一生涯出家者であることはできないけれど、一時的にでも本格的な僧侶の修行がしたいと言う方に向きます。

 

・出家

完全な出家者、いわば「プロの僧侶」となる道です。

もちろんいつでも辞めて還俗することは可能ですが、原則として、生涯を僧侶として生きる決意のある方を対象としています。

 

詳しく知りたい方は以下からご覧下さい。