太祖神拳 p.1

posted in: 武術ライブラリ | 0
◆ 太祖神拳とは
 
 太祖神拳とは、中国宋王朝の太祖皇帝(たいそこうてい)、趙匡胤(ちょう きょういん)にはじまり、「北少林之拳(きたしょうりんのけん)」と呼ばれ代々ごく限られた優秀な武術家によって秘密裏に伝承されてきた独特な武術です。

◆ 皇帝の武術

 宋の太祖趙匡胤(927~976)は、唐王朝の滅亡後に河南省開封(かいふう)市に首都をおいた王朝「後周(こうしゅう)」の皇帝に仕えた近衛将軍であり、後周の政治が乱れると、他の将軍達の推挙を受けて国を譲られ、分裂していた中国を統一し、以後300年にわたって栄えた宋王朝(日本にも多大な影響を与えました)の礎を築いた人物です。

 先祖代々優秀な軍人の家系で、一説によれば漢民族ではなく突厥(とっけつ=トルコ系)の出身ではないかと言われています。

 趙匡胤は他から推戴されて帝位に即いたことからわかるように、非常に人気のあった武将で、人格、軍略、個人の武勇共に大変優れていたと言われてます。

宋太祖 趙匡胤

 この趙匡胤が編み出した武術が「太祖拳(たいそけん)」であるとされています。

 武術の伝承伝説には大袈裟な話がつきものですので、「皇帝が編み出した拳法」と言うのをそのまま事実と受け止めることは出来ないかもしれません。

 しかし趙匡胤が優秀な武将であったことはおそらく事実ですので、彼の軍団で研究され、訓練されていた武術が後にまとめられ、宋太祖の伝説を付加されて広まったと考えることは出来るかもしれません。

◆ 梁山泊百八将の武技

 太祖拳は古くは「宋太祖三十二勢長拳」と呼ばれ、各地に伝えられるとそれぞれの地域で発展し、後の様々な武術流派に影響を与えました。

 北方に伝わったものは「太祖長拳(たいそちょうけん)」と呼ばれ、南方では「太祖洪拳(たいそこうけん)」、河南省嵩山少林寺に伝わったものは「少林太祖拳(しょうりんたいそけん)」となって今に伝わっています。

 我々の一門に伝わる伝説によれば、水滸伝(すいこでん)の英雄達がこの「宋太祖三十二勢長拳」の流れを汲む武術を修めており、梁山泊(りょうざんぱく)の首領である宋江(そう こう)の弟「鉄扇の宋清(そう せい)」が梁山泊108将のそれぞれの秘技を1つずつ教わり、まとめてひとつの武術とした、とされています。

 さらにそれを108将の1人公孫勝(こうそん しょう)が書物にまとめ、薊州盤山(けいしゅう ばんざん)に至り、甥達に梁山泊の武術を伝えた。としています。

 公孫勝から全伝を得た甥は官憲の追及を怖れ、盤山北少林寺で出家し「慶雲(けいうん)」と名乗ります。ここで北少林寺に太祖拳の系統の武術が伝わることとなったそうです。

 この慶雲大師が北少林寺に伝えた武術こそが太祖神拳であり、北少林之拳、北派少林拳とも呼ばれた強力な実戦武術の来源であると言われています。

 もっとも、水滸伝伝説自体が半ば以上架空の創作物ですし、公孫勝という人物も実在の可能性が無きに等しいと思われますので、この伝承は当然そのまま信じるわけにはいきません。

 しかし、何らかの理由で太祖拳の系統を引く武術を修めた武将が北少林寺に辿り着き、そこで出家して武術を伝えたというのは事実かも知れません。

 

 次へ >>