陳氏太極拳 p.1

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 太極拳の起源説

 陳氏太極拳とは、よく知られた中国武術のひとつ「太極拳」という系統に属する伝統武術です。

 現在の「太極拳」はなにしろ巨大な門派ですので、その発祥伝説にも様々なものがあります。

 よく知られているものでは、仙人の「張三豊(ちょう さんぽう)」によって武当山(ぶとうざん)で編み出された。と言うものでしょう。

 これは伝説の仙人「張三豊」が、はじめ嵩山少林寺(すうざん しょうりんじ)で修行し、後に道教の聖地「武当山」に籠もって太極拳を編み出した。と言う筋書きのもので、話として面白いため小説やテレビドラマ、アクション映画等として繰り返し流布されています。

 そのせいで中国人の中でも結構信じている人が多い説ですが、そもそも張三豊自体が実在したかさえ定かではなく、歴史的事実として考えるには無理のある説です。現時点では全く裏付けのない「おはなし」の類と見るのが妥当でしょう。

 その他にも
 嵩山少林寺の「内功」を重視する武僧が山を下りて指導した。
 四川省の仙人が編み出した。
 武当山の道教の修行から派生した。
 etc…

 実に多様な伝説が流布していますが、現在歴史的な事実として最も確実視されているのは、


「河南省温県(かなんしょう おんけん)の陳家溝(ちんかこう)という場所で、陳王廷(ちん おうてい)という武将によって『陳家の武術』がまとめられた。」
「陳家の武術を楊露禅(よう ろぜん)が学び、首都北京に出て『太極拳』と名乗った」


というものです。

◆ 陳家溝の陳氏一族

 1372年、明の洪武帝五年。勢力の衰えた元朝にかわって、洪武帝(こうぶてい)こと朱元璋(しゅ げんしょう)率いる明王朝が中国を支配していました。即位からまだ五年で政情は不安定、旧王朝である元との戦いで敵味方に分かれていた中国国内の安定が急がれていました。

 現在の陳家溝、河南省温県のかつて常陽村と呼ばれていた一帯は、この争乱で元朝側に与し、洪武帝の怒りを買って村ごと皆殺しにされた場所でした。

 朝廷はこの場所に、難民の多かった山東省から移民を入れることを決定します。

 

明の洪武帝 朱元璋

 この移民団の中に後に陳氏の始祖となる「陳卜(ちん ぼく)」という青年がいました。彼は文武に優れ、困難だった旅路や入植後すぐの混乱の中、移民団のリーダーとして活躍します。

 やがてその一帯は陳卜の家を祖とする陳姓の人々とその縁者が居住する地域「陳家溝」と呼ばれるようになりました。

 そして時は流れ、1600年頃に陳氏第九世「陳王廷」が出るに至ります。

◆ 武将 陳王廷

陳王廷像

 陳氏第九世、陳王廷は幼い頃より人柄優れ、長じては人望篤い文武両道の英雄的人物として名が知れ渡るほどの傑物でした。

 ついにその名は都にまで届き、文官を登用する「科挙(かきょ)」に対して、武官登用の試験である「武挙(ぶきょ)」を受験するよう推薦されるに至ります。

 この「武挙」で大変優秀な成績を上げ、宮廷武官に就任した陳王廷でしたが、明王朝も末期、もはや腐敗の極みに至っていた朝廷では、田舎から出てきたコネクションのない者の高官就任は歓迎されませんでした。腐敗役人のやっかみを買った陳王廷は陰謀に嵌められ、危うく殺されるところを脱出したのでした。

 河南省玉帯山(ぎょくたいざん)に拠った陳王廷は、明朝末期の社会的混乱で各地に山賊匪賊が大量発生する中、河南から山東省にかけて私軍を率いて治安維持にあたり、その一帯の賊は彼の名前を聞くだけで震え上がったと言います。その武勇に加えて、美髭と得物の青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)のイメージから「関羽の再来」と呼ばれ、名将として名を馳せました。

 支配王朝が明から清に交代し、各地に清の正規軍が進駐してくるに当たって、陳王廷は故郷の陳家溝に帰り、代々伝わっていた家伝の武術に、自分かこれまでに学んだ武術、さらに漢方医療の知識や、導引気功術(どういんきこうじゅつ)、道教の哲理などを組み合わせ、村と一族をまもるための新しい武術として「陳家の武術」を作り上げたのでした。

 はっきりとはわかっていませんが、この「家伝の武術」とは河南省陳氏の始祖、陳卜の出身地である山東省に伝承する通背拳(つうはいけん)、「自分が学んだ武術」とは、対倭寇で名を馳せた名将「戚継光(せき けいこう)」の武術である「戚家拳(せきかけん)」に関係する流派であると考えられてます。また、彼が根城とした玉帯山は、少林寺がある嵩山と隣の山であるため、いわゆる「少林武術」からも何らかの影響を受けている可能性があります。

 この「通背拳」や「戚家拳」は共に「北少林拳(きたしょうりんけん)」の影響を強く受けている可能性が非常に高い流派です。特に「戚家拳」は「太祖神拳(たいそしんけん)」と密接な関わりがあると考えられていますので、これらのことから、陳氏太極拳の源流は北少林寺、太祖神拳系統の武術にあると考えることが出来ます。

 1 2 3 4 次へ>>