寳幢寺・運営必要額内訳 ご支援随時募集中

posted in: 瞑想, 運営費・寄進 | 0
寳幢寺の拠点と活動維持のためには、
毎月少なくとも60万円ほどのコストがかかっています。

 

そのうち、家賃や光熱費等、
拠点維持のための必要最小限の固定費 は、約30万円強です

 

 

毎月の必要最小限の固定費としては、

・家賃/22万

・税理士顧問手数料/2万5千円

・通信費(ネット・固定電話・スマホ)/2万3千円

・HPサーバー・メルマガシステム料/5千円

・電気代/月平均・約2万5千円

・水道代/月平均・約4千円

・ガス代/月平均・約1万3千円 (冬季は灯油代+約1~2万円)

 

合計約30万円強。

 

この固定費に加えて、

・お供え物代、月/約5~8万円 →お供え物代詳細についてはこちらから

・交通費(電車・ガソリン代・ETC)/平均4万円

(車はお布施として無償貸与されているものを使用。維持費・保険代は所有者である施主が継続的な寄付として負担されています)

・住職の最低限の生活費(医療費・税金・保険料も含む)/約10万円

 

その他にも備品や消耗品購入・来客用のお茶菓子や飲み物の用意。

法要の際にお手伝いいただく僧侶の方々へのお布施。

などなど、

 

 

備品の買い足しなど、その時々によって必要な支払いが発生しているので実際はもっと多いのですが、

ざっと計算して最低でも毎月60万円ほどの費用が必要になります。

 

現段階では、スタッフや出家弟子を雇用する余裕がありませんので、寳幢寺での企画運営、HP制作に至るまで全て手作り、

当日のお手伝いスタッフもご協力いただける支援者の方々や皆さまのボランティアによって成り立ち、最小限のコストで運営を続けています。

 

賃貸料についても家主様のご厚意で格安で貸してくださってています。

西陣織の旧社屋ビル(3階建て・屋上・地下ガレージ付き)と、100平米の工場跡。

今出川駅から徒歩圏内のとてもアクセスの良い場所で、テナント物件(居住併用)としてお借りしています。

面積も広く、部屋も沢山あり、工場跡は広い本堂に。

この条件で毎月22万円はちょっとあり得ない、奇跡のようなご縁の建物です。

 

 

2018年初頭にスタートしてから、毎月の支出が60万円以上に対して、

収入(ご寄付・会費)は月々約15万弱ほどという大変厳しい運営を丸一年間続けてきていました。

不足分は住職の在家時代の貯蓄を全て運営に充てていましたが、さすがに底をつき始め、

年末には撤退を覚悟するほどの状況に陥っていました。

そうした中、昨年末からようやくおいでくださるお人が増えてきて、また瞑想センターもとてもご好評をいただき、

今年、2019年に入ってからは月平均40万円ほどに大きく回復してきました!

が、黒字まではまだ及ばず2019年10月の現時点でも未だ赤字運営を続けており、

運営資金のストックも底を尽きかけ、厳しい状況です。

 

最近では大学生や若者たちも哲学を学びに、自身の未来を考えに、寳幢寺を居場所として頼ってくれるようになっています。

彼らの居場所・学びの場のためにも、ここを必要としてくださる皆さんのためにも、

ご支援いただいている皆さまのためにも、何とかこの場を維持してゆきたいと奮闘しております。

 

経済的な支援は特に急務として募集していますが、

ここが成り立つための有形無形の皆さまのお力も随時募集しています。

 

お布施・継続的なご寄付・物品のご寄付、若者たちへの日々の食材、お野菜やお米などの支援。

また、お手伝いスタッフやHP作成のスタッフ、運営のアイデア・イベント時の実働部隊、などなど、

寳幢寺の運営を支えてくださる方を随時募集しています。

 

この場所の維持発展の為に、皆さまからのご支援・ご助力をどうぞお願い申し上げます。

 

寳幢寺一同 拝

 

 

寳幢寺では、毎月一定額の支援の「寳幢寺サポート会員」を随時募集しています。

サポート会員様へは以下を御礼とさせていただいております

・日々の修法にて、毎回お名前を読み上げてのご祈願
・寳幢寺瞑想センターリトリートを会員様価格の受講
・特別な行事の際のお札送付

毎月1000円からの額面をお選びいただけます。

 

寳幢寺サポート会員お申込みはこちらのフォームからお願いします。

 

・カード決済での運営支援は寳幢寺HP・ご寄進から受け付けています

 

銀行振込のご寄付は下記口座で受け付けています。

寳幢寺事務局法人「一般社団法人 寳幢会」にて受け取りをいたします。

〈ご寄付受付口座〉
三菱UFJ銀行 西陣支店   普通0179549
一般社団法人 寳幢会   (シヤダンホウジン ホウドウカイ)

 

物品のご寄付も随時受け付けております。

具体的な物品はAmazonの欲しいものリストからもご寄付いただけます。

その他お供え物や、備品、食材などなど、直接のご持参も歓迎しています。

 

物品のご相談はお問い合わせフォームより事務局にご連絡ください。