気功・動態瞑想とは p.3

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 動態瞑想の基本 動態瞑想の基本は、まずなにより「立つ」と言うところからです。 ただ単に「立つ」「立っている」と言うことに意念を集中させていくだけですが、これが全ての基礎となります。 現代人である我々は、ともすれば自分 … Continued

気功・動態瞑想とは p.2

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 動態瞑想という概念 「動態瞑想」とは寳幢寺龍源師によって提唱された概念で「動くことによる瞑想」を意味します。 寳幢寺の(仏教の、と言って良いかもしれません)瞑想は、「気づく」ということに非常に大きな意味を持たせていま … Continued

気功・動態瞑想とは

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 気功とは 「気功」とは、非常に古い中国の思想に基づく概念で、「生体エネルギー」とでも言うべき存在である「気」を操作しようというものです。 伝承によれば、三国時代の高名な医師「華陀」(『三国志演義』では関羽の矢傷を治す … Continued

太祖神拳 p.2

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 商派北少林拳  その後、北少林寺の中で代々伝承されてきたこの武術は、清代に武将「商士芝(しょう しし)」(1795~1880)が出るに至り、大きく発展を始めます。  商士芝(字:徳周)は薊州城西公楽亭の人で、幼い頃よ … Continued

太祖神拳 p.1

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 太祖神拳とは    太祖神拳とは、中国宋王朝の太祖皇帝(たいそこうてい)、趙匡胤(ちょう きょういん)にはじまり、「北少林之拳(きたしょうりんのけん)」と呼ばれ代々ごく限られた優秀な武術家によって秘密裏に伝承されてき … Continued

陳氏太極拳 p.4

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 国家規定拳の成立と文化大革命  第二次世界大戦とそれに続く国共内戦が終わり、共産党が政権を握ると、指導者毛沢東は健康体操としての太極拳の効能に注目し、国家プロジェクトとしてこれを進めます。  もっとも普及していて、比 … Continued

陳氏太極拳 p.3

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 近代の太極拳  20世紀に入ると伝統武術にも国家や政治と言った問題が絡み始めます。  列強や日本との戦争により、軍の強化と国民のアイデンテティのよりどころとして、武術は重視され「国術」と呼ばれるようになっていきます。 … Continued

陳氏太極拳 p.2

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 陳氏一族の拳  陳王廷が編み出し、一族に教えた武術はじつに強力なものでした。  広大な国土と厳しい気候状況を持つ中国では、災害などにより飢饉が発生すると、集落ごと山賊化して隣村を襲ったり、隊商を狙ったりと言うことが頻 … Continued

陳氏太極拳 p.1

posted in: 武術ライブラリ | 0

◆ 太極拳の起源説  陳氏太極拳とは、よく知られた中国武術のひとつ「太極拳」という系統に属する伝統武術です。  現在の「太極拳」はなにしろ巨大な門派ですので、その発祥伝説にも様々なものがあります。  よく知られているもの … Continued