リアウェアネス瞑想実践会

リアウェアネス瞑想実践会

密教をベースにした新しい瞑想技術「リアウェアネス」を実習します。
近年知られるようになってきた「マインドフルネス」とは違う、密教思想による論理的で高度な瞑想法。
認定インストラクターが丁寧にリードします。

申込フォーム

アドレスの打ち間違いが多発しています。ここで入力頂くメールアドレスが違いますと、こちらからのご連絡が不可能となってしまいます。どうぞ今一度ご確認下さいませ。

リアウェアネスとは

「リアウェアネス瞑想」とは、当協会が指導者と仰ぐ密教僧・松波龍源師によって生み出された瞑想技術の体系です。

現代日本に生きる私たちに、きちんとフィットするものを届けたい。そんな想いから、日本、ミャンマー、チベットなど各地の重厚かつ伝統的な瞑想法に学び、生理学的見地など最新の科学を交えて編み出された、他にはない独自のメソッドです。

「瞑想」は手段、技術であるというコンセプトのもと、「瞑想」を神秘主義のベールで覆ったり、根性論・努力論で終わらせず、明晰で大胆な理論に裏打ちされた確かな技術を使って、安全に本当に心のあり方を変えていく強力な作用を持つ瞑想法を提供しています。

安全性に対する注意

この瞑想法は、潜在意識にアクセスする強力なテクニックを使用します。その為、場合によっては非常に危険な場合もあります。

危険が大きいからこそ「秘密」にされていた密教の技術を応用して公開しているため、入門課程では極力危険な部分を抜いて構成されていますが、それでも強力な作用があるために、完全に安全を担保することはできません。(そもそもどんな瞑想でも一定の危険はついて回ります)

当協会では、専門の僧侶の監修のもと、きちんとした訓練を受け、資格を持ったインストラクターが指導にあたります。また深い部分までアクセスする場合には、少人数に限定して行うなど、極力安全に注意を払っています。

・現在までに精神疾患を発症したことがある

・強いトラウマ、不安感などがある

・幻覚、幻聴などの症状がある

・悪夢を多く見る

・てんかんなどの脳疾患、意識障害、脳血管系の問題がある

・高血圧、心臓病、肺気胸などの持病がある

受講の際は、上記にひとつでも当てはまる項目がある方は、必ず事前にお申し出ください。問題があっても、内容を調整することで瞑想の実習が可能な場合もありますが、お申し出なく参加されて問題が発生した場合、当協会は責任を負うことはできません。

同様に、インストラクターの指示に従わなかった結果、発生したいかなる問題にも責任を負えませんので、予めご了承ください。

インストラクター

平井和美(ひらいかずみ)

準一級インストラクター 

1967年生

神戸大学卒、同大学院修了(修士:農学)

大手食品メーカー勤務を経て阪神大震災を機に人の生き方を模索する道へ

アロマセラピー、ターミナルケア、心理カウンセリングなどを学び実践するうちにリアウェアネス瞑想に出会う

3年間の修行を経て五体投地礼拝1万回、マントラ瞑想10万回の前行を成満。リアウェアネスインストラクターとして活動を開始している

平瀬由美(ひらせゆみ)

準一級インストラクター

1977年生

京都女子大短大部卒

ごく普通の主婦であったが、思いがけず大きな人生の荒波に遭遇し、人間の心の問題に取り組むようになる。様々なスピリチュアルやマインドフルネス等を遍歴し、リアウェアネスに出会う

2年間の修行を経て、様々な困難に遭遇しながらも五体投地礼拝1万回、マントラ瞑想10万回の前行を成満。リアウェアネスインストラクターとなる