「夏越の祓」護摩祈祷

六月末日は半年間の罪穢れを祓い清める「夏越の大祓」です。

実験寺院 寳幢寺でも護摩を焚いて、上半期の清めと、来る下半期の息災安穏を祈願します。

茅の輪くぐり

「夏越の祓」で有名なのは「茅の輪くぐり」の行事ではないでしょうか?

チガヤで作られた大きな輪が神社に設置され、これをくぐると無病息災という風習です。

これは中世に広く信仰を集めた「牛頭天王」を中心とした「祇園信仰」に基づくもので、京都の有名な「祇園祭」も同じ信仰に由来しています。

いずれも「疫病退除」が祈られるお祭りで、梅雨から初夏にかけて、気温も湿度も上がって、食中毒など伝染病が流行りやすくなるこの時期らしいものと言えるでしょう。

大祓(おおはらえ)

古代日本の法律である『大宝律令』と、その後継である『養老律令』、律令の実施細則である『延喜式』などに、毎年六月と十二月の末日に、半期毎の穢れを祓い清める「大祓」を行うことが定められています。

「夏越の祓」はこの六月の祓「水無月の晦の大祓」のことです。

人間は普通に生きているだけで、いろいろな執着、愚かさなどによって他人を傷つけたり、しなくて良いことをやり、するべきことが出来ず、自分の可能性を損なうなど、様々な「罪穢れ」を背負ってしまいます。

これらを半期分まとめてお清めをして、リフレッシュして次に向かおうという「けじめ」が大祓だと考えることもできます。

特に今年は全世界が「新型のコロナウイルス感染症」という、稀に見るひどい疫病に襲われた上半期でした。

こんな時こそ、自己の心を見なおし、精神の部分からすっきりして明日に向かう心構えが大切ではないでしょうか?

護摩

密教に伝わる「護摩」の法は、よく勘違いされるような「熱さの我慢大会」ではありません。

修行を積んだ行者の、高度な瞑想の中で「こころ」と「炎」が一体化し、火中に投じられる護摩木や供物等が特別な意味に変換されて「意味情報の世界」での浄化が行われます。

例えば護摩木は、我々の愚かな身体と煩悩。供物として投じられる米や穀物は「貪瞋痴」などの愚かさ、執着の心。お香が固められた「丸香」は頑固なこころ。粉末のお香は散乱するこころ。これらが「ブッダの智慧」を象徴する「火炎」で焼き切られていきます。

「実験寺院 寳幢寺」 僧院長 松波龍源

日本仏教徒協会が運営する「実験寺院」の僧院長を務めて頂いているのは

真言律宗の僧侶「松波龍源」師です。

龍源師は私たちと同じ在家の出身で、自ら望んで出家し、僧侶となられました。

学生時代にミャンマー仏教の研究をしていた縁で、海外の仏教にも造詣が深く、心の底から日本仏教の健全な復活を願っておられます。

もともと武術家として活躍されていたという経歴もあって、かなり厳しい修行を積まれ、その真っ直ぐな人柄と生き方は多くの人に支持されています。

ショーアップされた儀式は苦手のようですが、独自に研究された高度な瞑想に基づいた、真摯な祈祷には定評があります。

今回の「夏越の祓護摩祈祷」は、この僧院長龍源師に導師をお願いしています。

実施要項

日時:令和二年六月二十九日(月) 16:00~18:00頃

場所:寳幢寺本堂(京都市今出川新町上ル)

服装:平服(護摩の匂いがつく可能性があります)

持物:特になし、あれば念珠。火に当てて加持して欲しいものがあればご持参下さい。(注参照)

費用:¥3,000

オンラインでもご参加お申し込み頂けます(ライブ配信予定)

(注)

・本堂では原則として床に座布団で坐ります。あまりタイトでない衣服をお勧めします。

・怪我などで床に坐れない方はお申し出下さい、椅子をご用意できます。

・護摩祈祷では、導師に自分の持ち物を預けて、炎にかざしてご祈願して頂くことが可能です。念珠やアクセサリーや時計、財布、手帳などを加持して頂く方が多くいらっしゃいます

お申し込み

*オンライン視聴をお申し込みの方には後程詳細をお伝えいたします。現時点ではyoutube LIVEの使用を予定しています。

*オンライン参加ご希望の方で、持ち物の加持を希望される方は実施日までにご持参もしくは郵送頂けましたら対応可能です。ご相談下さい。