本講座では、チベット仏教普及協会ポタラ・カレッジ副会長クンチョック・シタル先生を講師にお迎えし、ダライ・ラマ1世の師匠でもある、チベット仏教ゲルク派宗祖ツォンカパ大師の『ラムリム・チュンワ(菩提道次第略論)』に基づいて仏教全般の教理・実践を基礎から詳しく解説して頂きます。

ラムリムの完全な伝授は、日本ではかなり稀な機会です。

一流のチベット人講師から日本語で直接教えを受ける事が出来る貴重なチャンスです。

仏教、チベット、哲学、修行などに興味がある方は是非この機会に受講をおすすめします。

毎月第4土曜日18:30~20:00

(※感染症問題や天災などにより変更の可能性はあります)

第一部から第四部までの四部構成。各6回ずつの講義を予定しています。

お申し込みは各回毎でも6回まとめてでも可。

受講要領

会場での受講(定員あり・申込先着順)/ZOOMでのオンライン受講

現地参加・オンライン参加に関わらず、受講生全員にアーカイブビデオ視聴リンクをお送りします。

日程が合わない方も後日ご自身のタイミングで講義を視聴可能です。

また、初回から参加の方でなくても、過去回のアーカイブビデオ受講が可能です。

受講費

1回¥1,500以上のお布施制とします。

主催者「日本仏教徒協会」「ポタラカレッジ」と教鞭をお執り頂きます先生方の活動支援に、皆様のお力を寄せて頂けましたら幸いです。

【第一部】

第1回 7/24  『菩提道次第論』概要
第2回 8/21 教えを聞くことの利得と心構え1
第3回 9/25 教えを聞くことの利得と心構え2
第4回 10/未定   師(ラマ)との関係
第5回 11/未定 師に頼る方法と心構え1
第6回 12/未定 師に頼る方法と心構え2

※10月以降の日程は決まり次第更新します。原則第4土曜日の予定です。

※第二部は2022年1月から開講予定です。

※各回のタイトルは予定です。進行状況などにより変更の可能性があります

お申し込み方法

お申し込みは下記フォームより。決済方法に応じてお選びください。

参加URLは前日までにお申込者全員にお送りします。

会場

【実験寺院 寳幢寺(ほうどうじ)】

 〒602-0052 京都市上京区上小川町120-3

 京都市営地下鉄烏丸線「今出川」下車徒歩10分