寳幢寺「心神武術アカデミー」では、身体を動かすことも学べます。

「心身不二=身体と精神はひとつのもの」である。また、「大いなる存在と、小さな存在は互いに対応する」「マクロコスモスとミクロコスモスの照応」という考え方は、広く東洋の伝統に説かれています。
特に東洋武術にその考え方が深く、剣術や拳法の達人は多くが仏教をはじめとした哲学を学び、高度な境涯にたどり着いています。

ここでは、長く中国で専門の訓練を受けた武術家でもある龍源師より、太極拳、気功、またそのエッセンスを抽出した「動く瞑想」、護身術などを学ぶことができます。

体力をつける。心身を鍛える。

指針を失ったと言われる現代に、まずは自分自身を整え、心身を磨くこと。 これは何よりの自信につながり、生活や仕事に落ち着き、余裕をもたらします。

高度な武術は、単なる「格闘の技」を遙かに超えて、哲学的でさえあります。 なんとなく不安な方、起業家、経営者などに、特に必要な事ではないかと考えます。