密教瞑想特別講座

リアウェアネス基礎

唯識哲学と新時代の密教瞑想

日本仏教徒協会

∴ 新時代の密教瞑想

すべてのものはうつりかわる

いかなるものも、時間と共に生成、変化し、やがて消えていく。仏陀が説いた教えもまた、時代や地域によって変容を続けてきました。

弘法大師によって日本に伝えられた密教は、大師の圧倒的天才性によって日本という時空間に巨大な影響を与えてきましたが「今」求められていることは何なのでしょうか?

世界中が激しい変化の時を迎え、ここ数十年の価値観が通用しなくなってきた現在、他に振り回されない心の安定こそが求められているように思えます。

2500年前、現在と同じような社会変革が起こっていたインドに、多くの思想家、修行者達が現れたことと似た状況に見えます。釈尊はその中のお一人でした。

いまこそ、大師がお伝えになった真言密教の、真の力が発揮されるべき時。

時空間に合わせて、アップデートされた仏教の修行法が必要とされる時ではないでしょうか。

∴ 目覚めなおす

密教哲学では「修行して何かになる」「何かに新たなものに目覚める」と言うことを否定しています。

そうではなくて、我々はすべて、すでに真理の中にいる。この世界のすべてのものは真理でしかない。ただ、特に人間は、浅い意識のはたらきによって様々な思い込みや決めつけによって、その本質の輝きに蓋をしてしまっている。そう考えます。

なので、密教の瞑想は「何か新しい自分になる」ことではなく「自分の中に既にある根源的な光」に「目覚めなおす」事を目指します。

∴ 精密な技術

リアウェアネスでは、瞑想を「何か特別で神秘的なこと」「神聖でエモーショナルなもの」と言うような捉え方をしていません。

瞑想は脳の状態を調整し、心身共に「言語やこれまでの経験による無意識の心の癖、思い込み」を外す「純粋な技術」であると考えます。

その為に望ましい効果を発揮する特別な呼吸法、坐法、意識の調整法が用意されています。

中観と唯識に裏打ちされた、精密でロジカルな技術構成は、あらゆる人に確実な効果を期待できます。

∴ 創始者自らの指導

リアウェアネスは密教僧「松波龍源」師によって創始されました。

龍源師は真言密教の修行法を研究する中で、現行の方法論に疑問を持ち、様々な師について修道。海外の高僧達や科学者などからも教えを受け、独自の瞑想技術として「リアウェアネス」を提唱しました。

「伝統」という概念に頑迷な日本ではなかなか受け入れられませんでしたが、海外の方々からは高い評価を受けています。特に台湾では1ヶ月間の瞑想指導、哲学講義を要請された実績があり、好評を博しています。

今回は龍源師が直接皆様にリアウェアネスをお伝えします。

普段、基礎編-初級編は公認インストラクターが担当しますので、貴重な機会かと思います。

松波龍源

(まつなみりゅうげん)

父方は能登七尾市の出身、母方は九州天草の出身。

大阪外国語大学地域文化学科ビルマ語専攻卒

大阪外国語大学大学院地域言語社会研究科博士前期課程修了 修士(学術)

学生時代に武道と仏教に出会い、生涯の道とすることを決意。武術の境涯を深めようと単身中国北京に渡り、五年間の武術修行を行う。

帰国後縁を得て仏門に入り、真言律宗総本山西大寺にて四度加行、伝法灌頂を受法。 様々な伝統的伝授を受けると同時に日本仏教のみに囚われず、ミャンマーやチベットなどの高僧に師事、さらに山岳修行、霊地巡礼などの修行を積み21世紀の日本、世界にフィットした仏教修行のあり方を模索し続けている。

釈尊が、あるいは弘法大師が志していた仏教のあり方を追い求め、固定習俗化した仏教ではなく、人間を覚醒させる生々しい修行としての仏教を探求する。

弘法大師に想いを馳せ、今の日本に無理のない瞑想法を追求する中で、独自の理論に基づき「リアウェアネス」を提唱する。 日本国内より海外で評価が高い。

近年は医師や看護師、介護福祉士、理学療法士など、医療関係者から注目を集めており、認知症や生活習慣病などに対する瞑想の効果の実証実験を、病院や大学等と連携して進めている。

松波龍源(まつなみりゅうげん)

父方は能登七尾市の出身、母方は九州天草の出身。

大阪外国語大学地域文化学科ビルマ語専攻卒

大阪外国語大学大学院地域言語社会研究科博士前期課程修了 修士(学術)

学生時代に武道と仏教に出会い、生涯の道とすることを決意。武術の境涯を深めようと単身中国北京に渡り、五年間の武術修行を行う。

帰国後縁を得て仏門に入り、真言律宗総本山西大寺にて四度加行、伝法灌頂を受法。 様々な伝統的伝授を受けると同時に日本仏教のみに囚われず、ミャンマーやチベットなどの高僧に師事、さらに山岳修行、霊地巡礼などの修行を積み21世紀の日本、世界にフィットした仏教修行のあり方を模索し続けている。

釈尊が、あるいは弘法大師が志していた仏教のあり方を追い求め、固定習俗化した仏教ではなく、人間を覚醒させる生々しい修行としての仏教を探求する。

弘法大師に想いを馳せ、今の日本に無理のない瞑想法を追求する中で、独自の理論に基づき「リアウェアネス」を提唱する。 日本国内より海外で評価が高い。

近年は医師や看護師、介護福祉士、理学療法士など、医療関係者から注目を集めており、認知症や生活習慣病などに対する瞑想の効果の実証実験を、病院や大学等と連携して進めている。

☆実施要項

日時:令和2年11月22日(日)20:00~21:00

Zoomミーティング使用

参加費:¥1,000/人 以上の寄付をお願いします。

お申込み:以下のフォームより寄付の決済完了を以てお申込み受付とします。

お申込み受付期間:令和2年11月10日~11月22日18:30まで

決済方法:クレジットカード(Visa/Master/AMEX)・お振り込み

●カードでお申込み

以下の“Amount”欄に¥1,000以上の金額を入力し、

お名前お電話番号等をご記入の上「カードでお支払い」のボタンから情報入力ページにお進みください。

¥

*事務局が確認後、メールでご連絡いたします。

●お振り込み

お振り込みをご利用の方は、以下のフォームより必要事項をご送信の上

下記口座に¥1,000以上のご寄付をお振り込みくださいませ。

*事務局が確認後、メールでご連絡いたします。

三菱UFJ銀行
西陣支店 普通 0179549
一般社団法人 日本仏教徒協会  
イッパンシャダンホウジン ニホンブッキョウトキョウカイ

 

●お振り込み

お振り込みをご利用の方は、以下のフォームより必要事項をご送信の上

下記口座に¥1,000以上のご寄付をお振り込みくださいませ。

*事務局が確認後、メールでご連絡いたします。

三菱UFJ銀行
西陣支店 普通 0179549
一般社団法人日本仏教徒協会  
イッパンシャダンホウジン
ニホンブッキョウトキョウカイ