お守り宝珠梅干しをさしあげます

特別な梅の実をくれた

久修園院の佐伯俊源先生が喜贈しくださいました。

これを使って、最高の塩と赤紫蘇で、

厄除けや健康祈願の祈祷を加えて、「お守り宝珠梅干し」として、希望者に差し上げます。